2004年12月24日

2004年 経済・経営書ベスト100

涙と日本人
著者名:山折哲雄
出版社名:日本経済新聞社
出版年月:2004年8月
価格:1,575円 (税込)
古来育んできた生老病死にかかわる無常感覚を忘れ、カミ隠し、ホトケ隠しの行きつく先は―。巷にあふれる泣かずに流す涙の意味を探ることで、日本人の不安の根源を辿る。
続きを読む

2004年 経済・経営書ベスト100

ニッポンの創業者
大変革期に求められるリーダーの生き方
著者名:童門冬二
出版社名:ダイヤモンド社
出版年月:2004年10月
価格:1,890円 (税込)
日本の産業社会の出発点となった幕末・維新期は、日本の青春時代だった。多くの日本人が「政界・官界」をめざす中、実業の世界を拓いた男たちがいた。かれらは"経済人"になることをめざしたのである。日本の基礎を創りあげた先人の夢・志・気概とは―。
続きを読む

2004年 経済・経営書ベスト100

日本経済復活への序曲
著者名:田中直毅
出版社名:日本経済新聞社
出版年月:2003年12月
価格:1,680円 (税込)
独創的な時系列分析をもとに、経済の転換点をいち早く探ることに挑戦し続けてきた著者が、これまでの蓄積をもとに、グローバル経済のもとでの日本経済の新しいダイナミズムを描き出す話題の書。
続きを読む

2004年12月23日

2004年 経済・経営書ベスト100

日本経済の構造変化と経済予測
経済変動のダイナミズムを読む
著者名:福田慎一/粕谷宗久
出版社名:東京大学出版会
出版年月:2004年9月
価格:6,090円 (税込)
続きを読む

2004年 経済・経営書ベスト100

日本リベラルと石橋湛山
著者名:田中 秀征
出版社名:講談社
出版年月:2004年6月
価格:1,575円 (税込)
「若しも世界の平和がそれによって保たれるならば日本は滅んでもよい」。二者択一的思考の中、広い視野なき議論を続ける現代政治。確たる指導性を発揮できず、劣化するばかりの日本政治の歴史において、没後三〇年なお輝きを増す石橋湛山。その思想と政策を追い、「今の政治に必要なもの」を考察する。
続きを読む

2004年 経済・経営書ベスト100

日本を変える
自立した民をめざして
著者名:川本裕子
出版社名:中央公論新社
出版年月:2004年3月
価格:1,785円 (税込)
改革はこれからが本番。銀行の再生、郵貯・道路の改革。
続きを読む

2004年 経済・経営書ベスト100

人間的自由の条件
ヘーゲルとポストモダン思想
著者名:竹田青嗣
出版社名:講談社
出版年月:2004年12月
価格:2,835円 (税込)
ヘーゲルを通し近代の可能性を問う力作評論。ポストモダン的相対主義思想を超えて、根本的なヘーゲル理解を通じて「自由の相互承認」の原理に基づく「近代社会」の本質的な展開の可能性を提示する注目評論。

2004年12月22日

2004年 経済・経営書ベスト100

ビジネスマンのための心理学入門
著者名:和田秀樹
出版社名:角川書店
出版年月:2004年9月
価格:730円 (税込)
心理学ビジネス革命。ビジネス心理学理論を学んだ者こそマネジメントの第一線で活躍できる。
続きを読む

2004年 経済・経営書ベスト100

文芸にあらわれた日本の近代
社会科学と文学のあいだ
著者名:猪木武徳
出版社名:有斐閣
出版年月:2004年10月
価格:2,100円 (税込)
モデルからストーリーへ。文士たちは「日本の近代」をいかに捉えてきたのか―文学者の豊かな直観や鋭敏な観察、的確な時代認識をつぶさに読み取りながら、社会科学が本来もつべき多面的な視点、時代認識力、ストーリー的把握を探究する。博覧強記をもって知られる経済学者による待望の渾身作。
続きを読む

2004年 経済・経営書ベスト100

マイライフ クリントンの回想 (上巻・下巻)
著者名:ビル・クリントン/著 楡井浩一/訳
出版社名:朝日新聞社
出版年月:2004年9月
価格:1,950円 (税込)
今も高い人気の前大統領が公人の回顧録の常識を破って率直に語った仕事、家族、アメリカ。世界的ベストセラー
続きを読む

2004年12月21日

2004年 経済・経営書ベスト100

御手洗富士夫キヤノン流現場主義
著者名:御手洗富士夫/[述] 坂爪一郎/聞き手
出版社名:東洋経済新報社
出版年月:2004年11月
価格:1,470円 (税込)
御手洗社長は大胆な改革によって、高収益のビジネスモデルを打ち立てた。米国流合理主義と日本的経営を融合させた経営哲学、リーダーシップ、現場重視のコミュニケーションを語る。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。