2005年07月29日

松方正義 我に奇策あるに非ず、唯正直あるのみ

松方正義 我に奇策あるに非ず、唯正直あるのみ
著者名:室山義正
出版社名:ミネルヴァ書房
出版年月:2005年6月
価格:3,360円
松方正義九〇年の人生は、欧米諸国のアジア進出に対抗して、日本が鋭意近代化に取組んだ苦難の歴史と重なっている。松方が、日本をどのような国と認識し、近代化という時代の大波の中で日本をどのような国に育て上げ、激動する国際環境に対してどのような国家政策を実行すべきであると考え、行動したのだろうか。松方とともに、疾風怒濤の近代の海へ船出し、その軌跡を追ってみることにしたい。
続きを読む
posted by NK1028 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

靖国問題

靖国問題
著者名:高橋哲哉
出版社名:筑摩書房
出版年月:2005年4月
価格:756円
二十一世紀の今も、なお「問題」であり続ける「靖国」。「A級戦犯合祀」「政教分離」「首相参拝」などの諸点については、いまも多くの意見が対立し、その議論は、多くの激しい「思い」を引き起こす。だが、その「思い」に共感するだけでは、あるいは「政治的決着」を図るだけでは、なんの解決にもならないだろう。本書では、靖国を具体的な歴史の場に置き直しながら、それが「国家」の装置としてどのような機能と役割を担ってきたのかを明らかにし、犀利な哲学的論理で解決の地平を示す。決定的論考。
続きを読む
posted by NK1028 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

ソニースピリットはよみがえるか 「愉快なる理想工場」の新たな挑戦

ソニースピリットはよみがえるか 「愉快なる理想工場」の新たな挑戦
著者名:大河原克行
出版社名:日経BP社
出版年月:2005年6月
価格:1,470円
出井・安藤時代に傾いた屋台骨、エレクトロニクス事業の立て直しを誓い、ソニーの挑戦はすでに始まっている。中鉢新体制を支える"物づくりの現場"の今を描く。
続きを読む
posted by NK1028 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーニヴァル化する社会

カーニヴァル化する社会
著者名:鈴木謙介
出版社名:講談社
出版年月:2005年5月
価格:735円
分断される自己イメージ、データベース化する人間関係…ネット世代の論客が解き明かす「僕たちの日常」。「ニート論議」「監視社会論議」の本質も明らかに。
続きを読む
posted by NK1028 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼跡のグラフィズム 『FRONT』から『週刊サンニュ-ス』へ

焼跡のグラフィズム 『FRONT』から『週刊サンニュ-ス』へ
著者名:多川精一
出版社名:平凡社
出版年月:2005年4月
価格:756円
戦時中の対外宣伝誌『FRONT』は、参謀本部の協力の下、東方社で制作された。東方社が育んだ技術は高く、その雰囲気には自由なものがあった。敗戦後、「戦争協力」により幹部の誰もが口を噤んでしまったが、著者は東方社の持っていた技術とデザイン力の高さは、戦後日本の出版に生かすべきものと考えた。日本の敗戦と焼跡の日々の模索のなかで、出版のビジュアル化を希求した貴重な記録。
続きを読む
posted by NK1028 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虚構の景気回復 「統合と分断」の時代をいかに生きるか

虚構の景気回復 「統合と分断」の時代をいかに生きるか
著者名:水野和夫
出版社名:中央公論新社
出版年月:2005年5月
価格:1,680円
グローバル化とIT革命で進む世界経済の統合と国内経済の分断。経済の性格は根本的に変わった!!従来理論では政策、景気観測など全てを間違える。
続きを読む
posted by NK1028 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

財政赤字の力学 アメリカは日本のモデルたりうるか

財政赤字の力学 アメリカは日本のモデルたりうるか
著者名:金子勝/編著 池上岳彦/編著 アンドリュー・デウィット/編著
出版社名:税務経理協会
出版年月:2005年6月
価格:2,310円
互いに巨額の財政赤字を抱えている日米関係の力学を解明。
続きを読む
posted by NK1028 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経新聞の黒い霧

日経新聞の黒い霧
著者名:大塚将司
出版社名:講談社
出版年月:2005年6月
価格:1,890円
posted by NK1028 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンズに映った昭和

レンズに映った昭和
著者名:江成常夫
出版社名:集英社
出版年月:2005年4月
価格:714円
日本の昭和は十五年に及ぶ戦争に加え、それを記憶の外に追いやる二重の過ちを犯した。敗戦から六十年、今なお戦争の傷痕に涙する人たちがいる。海を渡った戦争花嫁、中国に取り残された戦争孤児、ヒロシマの被爆者…。戦後、経済を神話としてきた日本は、人間本来の仕合せを忘れ、国もジャーナリズムも、そうした存在に正面からは手を差し延べてこなかった。そして国民もまた、辛苦を強いられた戦争を忘れてきた。日本を代表する写真家の一人である著者は、三十年余りにわたり、草の根の声なき声に耳を傾け、レンズを通して"負の昭和"を浮かび上がらせてきた。本書はこれまで蓄積してきた仕事の総括であり、日本の現代史でもある。
続きを読む
posted by NK1028 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シチリアでの会話

シチリアでの会話
著者名:ヴィットリーニ/作 鷲平京子/訳
出版社名:岩波書店
出版年月:2005年2月
価格:840円
スペイン内戦に強い衝撃を受け、反フランコの活動に身を投じたヴィットリーニ。本書はファシズム当局の弾圧に脅かされながらも版を重ね、来るべき反ファシズムレジスタンスの精神的基盤となる。パヴェーゼ『故郷』と並ぶイタリア・ネオレアリズモ文学の双璧。
posted by NK1028 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市町村合併で「地名」を殺すな

市町村合併で「地名」を殺すな
著者名:片岡正人
出版社名:洋泉社
出版年月:2005年6月
価格:1,890円
にこにこ町、ゴジラ市、忍者市、さくら市、ブルー奄美市、天草シオマネキ市…で本当に恥ずかしくないのですね!?多数決による「民意」、無関心、悪平等主義、ネーミング信仰が、日本の地名文化を葬り去ろうとしている!人類史上かつてない、「多数決」で地名を決定する日本人の愚行を告発。
続きを読む
posted by NK1028 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

ジェネレーションY 日本を変える新たな世代

ジェネレーションY 日本を変える新たな世代
著者名:日本経済新聞社/編
出版社名:日本経済新聞社
出版年月:2005年4月
価格:1,575円
posted by NK1028 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢をつかむイチロー262のメッセージ Ichiro's message since 2001

夢をつかむイチロー262のメッセージ Ichiro's message since 2001
著者名:イチロー/[述] 『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会/著
出版社名:ぴあ
出版年月:2005年3月
価格:1,050円
心に響くイチローの言葉、262のメッセージ。
posted by NK1028 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻想と絶望

幻想と絶望
著者名:申 明直 著 岸井 紀子 他訳
出版社名:東洋経済新報社
出版年月:2005年7月
価格:2,100円
posted by NK1028 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自治体行政評価ケーススタディ

自治体行政評価ケーススタディ
著者名:INPM行政評価研究 石原 俊彦 編著
出版社名:東洋経済新報社
出版年月:2005年7月
価格:3,360円
posted by NK1028 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変貌するコンテンツ・ビジネス

変貌するコンテンツ・ビジネス
著者名:総務省情報通信政策研
出版社名:東洋経済新報社
出版年月:2005年7月
価格:2,625円
posted by NK1028 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'05 現代経済学の潮流

'05 現代経済学の潮流
著者名:岩本 康志 他編 橘木 俊詔 他編
出版社名:東洋経済新報社
出版年月:2005年7月
価格:2,520円
posted by NK1028 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待形成の異質性とマクロ経済政策 経済主体はどこまで合理的か

期待形成の異質性とマクロ経済政策 経済主体はどこまで合理的か
著者名:竹田陽介/著 小巻泰之/著 矢嶋康次/著
出版社名:東洋経済新報社
出版年月:2005年6月
価格:4,620円
posted by NK1028 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(3) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。