2008年02月22日

希望の書店論

希望の書店論
著者名:福嶋聡
出版社名:人文書院
出版年月:2007年3月
価格:1,890円
21世紀、本をめぐる世界に何が起こったか。日本最大の書店現場から見る、希望に満ちた同時代レポート。99年から続く人気ウェブ連載、待望の書籍化。
目次
1 本屋とコンピュータ
2 書店と図書館
3 ジュンク堂池袋本店
4 書店という現場―本を売るということ
5 書店・読者・出版
終章 あとがきにかえて
posted by NK1028 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュンク堂書店新宿店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。