2008年02月17日

監査難民

監査難民 (講談社BIZ)
著者名:種村大基
出版社名:講談社
出版年月:2007年9月
価格:1,680円
2007年7月、日本監査界の巨人が姿を消した。みすず監査法人―かつて中央青山監査法人として、四大監
査法人の一角を占めてきた名門である。カネボウ粉飾決算事件で所属会計士が逮捕され、監査への「疑
いの眼」を生じさせた"張本人"が自主解散へと追い込まれる過程には、外資の策略、獅子身中の虫によ
る内乱、金融庁との壮絶な攻防など、凄まじい闘いが存在した。名門監査法人はなぜ、自ら組織を解体
せざるを得なかったのか。その死が開いた"パンドラの箱"には何が入っているのか。JALに代表される、
"厳しい監査"は今後、企業にどのような影響を与えていくのか―。
目次
プロローグ 覚醒
第1章 予兆
第2章 強制捜査
第3章 分裂
第4章 vs.金融庁
第5章 辞任
第6章 包囲網
第7章 分岐点
第8章 解体
エピローグ 遺訓
posted by NK1028 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュンク堂書店新宿店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。