2008年02月03日

私のマルクス

私のマルクス
著者名:佐藤優
出版社名:文芸春秋
出版年月:2007年12月
価格:1,700円
神、マルクス、学生運動…佐藤優の青春記。「私は人生で三度マルクスに出会っている」浦和高校、同
志社大学神学部を舞台に刺戟にみちた青春の日々を描く、驚くべき回想録前篇。
目次
ユダヤ教の刻印
ブダペシュトへ
やぶにらみのマルクス像
労農派マルクス主義
同志社大学神学部
組織神学教授・緒方純雄
ロシアレストラン「キエフ」
黒旗の上に描いた魚の絵
極めつけの嫌がらせ
『美学の破壊』
思想家・渡邉雅司
襲撃
『なぜ私は生きているか』
天性の牧師・野本真也
posted by NK1028 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュンク堂書店新宿店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。