2005年09月10日

あの夏、少年はいた

あの夏、少年はいた
著者名:川口汐子/著 岩佐寿弥/著
出版社名:れんが書房新社
出版年月:2005年5月
価格:1,470円
目次
往復書簡 あの夏、少年はいた
資料 「教生期」ノート(雪山汐子)から
略歴年表
「往復書簡」を読んで(小さなヰタ・セクスアリス
不思議なけれど
父の戦争 叔母の戦争
羨ましい
美しき無常
時間の内臓
サブのサブであればこそ
奇書)
posted by NK1028 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊東洋経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。