2005年09月04日

阿片王 満州の夜と霧

阿片王 満州の夜と霧
著者名:佐野真一
出版社名:新潮社
出版年月:2005年7月
価格:1,890円
満州には、「戦後」の核心が眠っている―。策謀渦巻く満州帝国で、最も危険な阿片密売を平然と仕切って巨額の資金を生み出した里見甫。その謎に満ちた生涯を克明に掘り起こし、麻薬と金に群がった軍人、政治家、女たちの欲望劇を活写する。今まで誰も解明できなかった王道楽土の最深部を抉り出した、著者の最高傑作。
目次
団子坂の怪人
異形の人脈
男装の麗人
魔都放浪
秘密工作
アヘンの国
不逞者
風雲の上海
孤高のA級戦犯
女人変転
家計図の迷路
石つぶて
posted by NK1028 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | NIKKEI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。