2005年07月11日

いのちと仏教

いのちと仏教
著者名:多川俊映
出版社名:日本経済新聞社
出版年月:2005年4月
価格:1,785円
唯識仏教の人間観をとおして、よりよい生き方へ導く興福寺貫首・多川俊映の人生をめぐる想いを綴ったエッセイ集。
目次
みんな、つながっている
1 過日の手帳(風景に溶け込む
心を育む時間 ほか)
2 日々の想い(お静かに
偶坐するは林泉の為なり ほか)
3 いのちと仏教(無性有情
思うということ ほか)
4 神と仏の庭(寺僧の日記にみえる薪御能
神仏・芸能・陪観 ほか)
posted by NK1028 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊ダイヤモンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。