2007年05月28日

大企業のウェブはなぜつまらないのか 顧客との対話に取り組む時機と戦略

大企業のウェブはなぜつまらないのか 顧客との対話に取り組む時機と戦略
著者名:本荘修二
出版社名:ダイヤモンド社
出版年月:2007年2月
価格:1,680円
本当に業績に貢献するのか?マーケティング能力の欠如、内向き思考、丸投げ体質、不誠実な対応…ウェブ2.0を含むネット化社会の進展は、既存の組織や事業にどのようなインパクトを与えるのか。豊富なデータと事例で検証し、大企業の組織の構造問題とネット化の戦略を問う。
目次
イントロダクション 本当の課題―大企業にとって「ネット化」の真の意味とは
第1章 現在の地図―冷静にネット化を俯瞰する
第2章 ネット化社会―変わる顧客・変わる社会
第3章 インパクト―企業にとっての市場変化の意味
第4章 限界の訪れ―従来型戦略の問題点と解決の方向性
第5章 予兆―大企業のネット化の先行事例
第6章 協調する組織―マルチチャネルの顧客戦略と企業のあり方
第7章 ロードマップ―大企業のネット化に必要なアクション
第8章 推進力―イノベーションとしてのネット化マネジメント
posted by NK1028 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 紀伊國屋書店 新宿本店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-06-01 05:20

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 14:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。