2007年05月25日

人脈の教科書 図解 フジマキ流シビれる人生をつくる

人脈の教科書 図解 フジマキ流シビれる人生をつくる
著者名:藤巻幸夫
出版社名:インデックス・コミュニケーションズ
出版年月:2007年1月
価格:1,575円
今回のテーマはズバリ『人脈』。ビジネスに身を置く人なら誰もが一度は頭を悩ませるテーマですよね。 本書では「人脈作りの達人」藤巻幸夫氏がフジマキ流のオリジナルな攻めの(!)人脈術についてアツく語ります。読んだその日から実際に使えるメソッドが満載です!; ;〜本書より〜; ;「人脈ってなんだろう?」;「いますぐ人脈がほしい!」;「どうすれば人脈を増やすことができるのか」; ;フジマキだって若い頃はいつもこの「人脈」というものに頭をなやませていた。; ;就職したてのころは、フジマキにだってもちろん人脈なんてない。あっても同期や同じ部署の上司のみ。;顔の広さがものを言うアパレル業界にあって、これは致命的だった。; ;ところが今フジマキの携帯メモリーには、いつも限界一杯の1000人のアドレスが登録されている。それを知ると人は大抵こう尋ねてくる。; ;「どうやって人脈をつくったんですか?」;「どうしたらそんなに人脈が増えるんですか?」; ;人脈は黙っていては決してつくられない。私は金も時間もめいっぱいこれにつぎ込んできた。なぜか。それは、; ;人脈ほど、ビジネス、そして人生において大切なものはないと思っているからだ!; ;これは「人脈」というといささか語弊があるかもしれない。;人脈というより「人」。人とのつながりほど大切なものはない。そう思ったからこそ、何よりもこのつながりを大切にし、育ててきた。;「人脈とは志ある仕事仲間のつながり」であり、;「あなたの人生を豊かにするものである」のだ。; ;志の元に人は集まり、ビジネスは生まれる。;人と人が出会うことによって、新しい何かが生まれる。;それが人脈だ。; ;では早速、「人脈」について共に考えていくことにしよう。;なぜ人脈が必要なのか。;どうしたら人脈の輪が広がっていくのか。;その先になにがあるのか。; ;ワクワクする作業じゃないか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-04 06:51

人脈の教科書
Excerpt: 人脈の教科書?図解フジマキ流シビれる人生をつくる?キーワード:  藤巻幸夫、人脈、好奇心、センス、ホスピタリティカリスマバイヤーである著者によって人脈の築き方が示されている本。以下のような目次となっ..
Weblog: オンライン書評図書館 -Blue Sky Horizon-
Tracked: 2008-06-24 07:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。