2006年10月15日

2006.10.15今日は何の日

歴史上の出来事/年中行事/お祭り
・浅草公園に水族館が開業(1899)
・戦後初来日のシールズと巨人が第1戦を行う(1949)
・広島カープ初優勝。赤ヘルブーム(1975)
・新聞週間(〜21日)(日本新聞協会tel.03-3591-4401)
日本では、一般紙の発行部数の9割以上を宅配が占めている。宅配制をいち早く実施したのは1872年に創刊した東京日日新聞。1903 年に報知新聞が開始した専売制とともに、新聞の普及に大きく貢献した。同協会は、新聞配達の人々への労に感謝する意を込め、新聞週間内の日曜日を<新聞少年の日(1962年から)><新聞配達の日(1991年から)>と定めている。
・日米親善の先覚者、新渡戸稲造逝く
ポスト聖徳太子として5千円札の肖像となった新渡戸稲造が、19 33年の今日、72歳で亡くなった。クラーク博士の教えを受けた新渡戸は、キリスト教主義の教育者として活躍。「勇気は進むほうの勇気ばかりでなく、退いて守る沈勇もまたこれを養うように心がけねばならない」という新渡戸は国際連盟事務局次長も務め、帰国後「太平洋の橋」を志とし、日米関係悪化を改善すべく奮闘中、病に倒れビクトリア市の病院で客死した。
posted by NK1028 at 07:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日は何の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。