2005年01月30日

学者・エコノミストが選んだ「経済書」ランキングベスト30

ジョブ・クリエイション
著者名:玄田有史
出版社名:日本経済新聞社
出版年月:2004年3月
価格:3,780円 (税込)
若年無業、パート増加、自営減少、希望喪失…。リストラやミスマッチの背後にある本当の就業問題を実証分析。新しい仕事の創出に向けて、必要な施策を具体的に提言する。
目次
ジョブ・クリエイションとは何か
転換点としての「1997年」
開廃と雇用の関係を求めて
結局、若者の仕事がなくなった
やはり高齢化が雇用を減らした
パートは正社員の雇用を奪ったのか
中小企業はジョブ・クリエイター?
人を育てる中小企業が雇用を創る
自営業が減少した理由
見過ごされた所得格差
組織を離れて働くこと
リストラ離職した中高年のそれから
構造的失業とは何か
データの背後で
ジョブ・クリエイションへの始動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。