2005年01月29日

2004年経済・経営書ベスト100

人民元・ドル・円岩波新書
著者名: 田村秀男
出版社名:岩波書店
出版年月:2004年7月
価格:735円 (税込)
莫大な投資が失業を引き起こし、おびただしい融資が不良債権を積み重ねながらも驀進する中国経済。その通貨・人民元の正体とは何か。元はアメリカ・ドル、日本円を巻き込んで中国を軟着陸させることができるのか。日米中のトライアングルを長期にわたり観察してきたジャーナリストが、現地取材と綿密なデータ分析により解き明かす。
目次
第1章 元の「顔」はなぜ毛沢東なのか
第2章 社会主義市場経済の試練
第3章 高度成長の光と影
第4章 香港マジックとは何か
第5章 中国株式会社幻想
第6章 ドル帝国の深層にあるもの
第7章 ドルと円、そして元
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。