2006年04月27日

月100万円のキャッシュが残る『10の利益モデル』

月100万円のキャッシュが残る『10の利益モデル』
著者名:丸山学
出版社名:同文舘出版
出版年月:2006年3月
価格:1,575円
小さな会社や個人事業主は、「労働の対価」を求めることばかりを考えていると、商売はやがて自転車操業となり、経営もジリ貧となっていきます。しかし、あなたの会社や事業に合った"儲かる仕組み"を考え、それをきちんと実践していくことで利益が生まれ、その結果、それほどたいへんな思いをすることなく自動的に儲かるようになっていく―それが『利益モデル』です。本書では、そのような『10の利益モデル』を紹介することで、あなたなりのモデルを考えるヒントを解説します。
     目次
1 フライングスタート型利益モデル―ライバルがようやくスタートの体勢に入ったとき、その横をTOPスピードで駆け抜ける
2 小さなYahoo!をめざそう型利益モデル―狭い業界で玄関(ポータル)になれ!
3 信頼貯蓄型利益モデル―キャッシュ・ポイントをずらせば利益が生まれる
4 引力増大型利益モデル―価値が集まり出すと、そこにさらなる価値が生まれる
5 顧客継続成功型利益モデル―顧客を2階に上げてハシゴを外す!?
6 コピー型利益モデル―ひとつの資源を、余すところなく使いまわせ!
7 安心快適型利益モデル―無形の空気を利益に変えろ!
8 顧客密着型利益モデル―顧客の自己重要感を満たせば利益が生まれる
9 ブランド型利益モデル―差異性がないビジネスでは苦戦必至
10 その他の利益モデル
posted by NK1028 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 紀伊國屋書店 新宿本店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

月100万円のキャッシュが残る「10の利益モデル」 丸山学
Excerpt: 月100万円のキャッシュが残る「10の利益モデル」 ■やぎっちょコメント いや、驚きました。これまで行政書士に関する本と、その業界で主に実践したマーケティングについての本が著者のイメージだったので..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-07-10 17:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。