2005年01月10日

博士の愛した数式

博士の愛した数式
著者名:小川洋子
出版社名:新潮社
出版年月:2003年8月
価格:1,575円 (税込)
世界は驚きと歓びに満ちていると、博士はたった一つの数式で示した―記憶力を失った天才数学者、と私、阪神タイガースファンの10歳の息子。せつなくて、知的な至高のラブ・ストーリー著者最高傑作。
この記事へのコメント
小川洋子さんはいいですよね。
独特の空気感というか、行間に暖かい空気が感じられます。
そういう文章を書けるようになれれば、と思いますがなかなかどうして…。
雰囲気のある文章が書きたいものです。
Posted by 鈴音 at 2005年01月10日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。