2005年01月08日

学者・エコノミストが選んだ「経済書」ランキングベスト30

内側から見た富士通「成果主...ペーパーバックス
著者名:城繁幸
出版社名:光文社
出版年月:
価格:1,000円 (税込)
無能なトップ、暗躍する人事部、社内に渦巻く不満と嫉妬…日本を代表するリーディングカンパニーは、「成果主義」導入10年で、無惨な「負け組」に転落した。
目次
1 急降下した業績
2 社員はこうして「やる気」を失った
3 社内総無責任体制
4 「成果主義」と企業文化
5 人事部の暗部
6 日本型「成果主義」の確立へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

成果主義の誤り
Excerpt: 成果主義は間違っています。私の見解。
Weblog: ☆志賀敏宏−電脳 経営コンサルタントの視点☆
Tracked: 2005-01-08 22:51

成果主義の副作用
Excerpt: 引き続き、成果主義。この“薬”は、効かないでけでなく、大変な副作用があり・・・
Weblog: ☆志賀敏宏−電脳 経営コンサルタントの視点☆
Tracked: 2005-01-10 21:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。