2009年05月15日

日本語が亡びるとき 英語の世紀の中で

日本語が亡びるとき 英語の世紀の中で
著者名:水村美苗/著
出版社名:筑摩書房
発行年月:2008年10月
価格(税込):1,890円
「西洋の衝撃」を全身に浴び、豊かな近代文学を生み出した日本語が、いま「英語の世紀」の中で「亡びる」とはどういうことか?日本語と英語をめぐる認識を深く揺り動かし、はるかな時空の眺望のもとに鍛えなおそうとする書き下ろし問題作が出現した。
目次
1章 アイオワの青い空の下で「自分たちの言葉」で書く人々
2章 パリでの話
3章 地球のあちこちで「外の言葉」で書いていた人々
4章 日本語という「国語」の誕生
5章 日本近代文学の奇跡
6章 インターネット時代の英語と「国語」
7章 英語教育と日本語教育
posted by NK1028 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経ビジネスAssocie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ぬかずの3連発www
Excerpt: GWに知り合ったお嬢様がマジえろすwww 一発中に出したら10マンくれるから、さくっと30マン稼いできましたwww → sersai.com
Weblog: ハンドジョブ田中!
Tracked: 2009-05-10 17:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。