2009年02月09日

新たなる資本主義の正体 ニューキャピタリストが社会を変える

新たなる資本主義の正体 ニューキャピタリストが社会を変える
著者名:スティーブン・デイビス/著 ジョン・ルコムニク/著 デビッド・ピット‐ワ
トソン/著 鈴木泰雄/訳
出版社名:ランダムハウス講談社
発行年月:2008年2月
価格(税込):2,310円
私たちの社会にいま大きな変化が生じつつある。国家と少数の金持ちが経済を牛耳っ
ていた時代に代わり、「市民経済」の時代が本格的に幕を開けようとしているのだ。
世界を市民経済へと向かわしめているのは、ほかでもない私たち市民である。私たち
1人ひとりに株主としての自覚はまだないかもしれない。だが、何千万もの人々が多
彩なファンドを通じて投資をすることにより、知らぬ間に膨大な数の会社のごく小さ
な切れ端を所有し、結果的に企業社会のあり方を根本的に変えようとしている。本書
の狙いは、この重大なパラダイムシフトの全体像を明らかにすることである。
目次
第1部 新資本家の誕生(市民経済時代の到来―会社所有の民主化
従来の企業社会―非市民経済)
第2部 新資本家時代の説明責任の輪(未来の会社―「資本家宣言」
機関投資家―株式所有の集約 ほか)
第3部 新資本家を支える生態系(市場の監視―専門情報機関
会計基準―複式簿記からの脱却 ほか)
第4部 新資本家への提言(行動指針―新資本家への提言)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。