2009年01月23日

日本溶解論 ジェネレーションZ研究 この国の若者たち

日本溶解論 ジェネレーションZ研究 この国の若者たち
著者名:三浦展/著 スタンダード通信社/著
出版社名:プレジデント社
発行年月:2008年3月
価格(税込):1,500円
キャバクラ嬢になりたい。浴衣と日本が好きで、前世を信じる。トヨタとイオンとマ
クドナルドが好き―。誰も知らない「平成ジャパニーズ」のリアルな価値観。
目次
第1章 がさつな女―女らしさの崩壊と逆転する男女意識(女子の方が「気が強い」「
がさつ」「だらしない」
女子が男子化、あるいは男子を超える時代)
第2章 キャバクラ嬢になりたい女子―性意識の解放と変質する職業意識(高校生の二
〇%、大学生の二一%、正社員の三三%がキャバクラ嬢になりたい
東大医学部キャバ嬢もいる時代 ほか)
第3章 スピリチュアルにはまる若者―近代の解凍と再魔術化される意識(人間は死ん
でもまた生き返ると信じる者が半数近い
細木、美輪、江原の人気は、自分が何をすればいいか教えてくれるから ほか)
第4章 よさこいを踊る若者―地域社会の解体と拡大する格差意識(よさこいを踊った
ことがある女子高生が五三%
和風志向はなぜ起こるのか? ほか)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。