2008年11月24日

ポスト消費社会のゆくえ

ポスト消費社会のゆくえ
著者名:辻井喬/著 上野千鶴子/著
出版社名:文芸春秋
発行年月:2008年5月
価格(税込):945円
セゾングループの歩みを振り返ることは日本の戦後消費社会の歴史を考えること―消
費社会論の
研究者でもある上野千鶴子氏が元グループ総帥・辻井喬(堤清二)氏へのインタビュー
を通して、
ポスト消費社会をどのように再構築していくか、その手がかりを探る。
目次
第1章 1950's〜70's(前史
激動 ほか)
第2章 1970's〜80's(黄金期
第十期 ほか)
第3章 1990's〜(失敗
解体 ほか)
第4章 2008(戦後共同体から遠く離れて
産業社会の終焉)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。