2005年12月18日

プロ論。

プロ論。
著者名:B‐ing編集部/編
出版社名:徳間書店
出版年月:2004年12月
価格:1,680円
仕事はしたい、でも会社や組織に縛られるのはイヤ。一生食べていけるような技術を身に付けたい、手に職つけたい、という若者が増えているという。中高年のサラリーマンでも、会社を辞めて、第2の人生は自分の好きなことをして食べていきたい、という人が多くなっている。そうした思いを実践し、生き生きと働いている著名人たちを紹介したのが本書です。彼らはどんなふうにそれを可能にしたのか。失敗、成功、挫折、恥かき体験、そして信念。そこに繰り広げられるのは、あなたや私と変わらない苦労であり、悔しさであり、喜びでした。でも、ほんの偶然の出会いやきっかけが、彼らを後押ししていく。それは、彼らにだけ特別起こったものではなく、きっと誰にでも起こるものなのだと思います。きっかけを探している人には誰にでも、、、。本書は、登場50人からあなたへの応援歌です。みんながあなたに、「めげずに、好きなことやれよ」と呼びかけているのです。
目次
1 会社で頭ひとつ出たいとき
2 会社を辞めるべきか迷ったとき
3 やりたい仕事が見つからないとき
4 働くことがイヤになったとき
5 仕事でヒットを飛ばしたいとき
6 苦しい時期を乗り越えたいとき
7 好きなことで食べていきたいとき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

プロ論2に学ぶ
Excerpt:  プロ論2には、多くの知恵が詰まっている。 (1)コラムニストの勝谷誠彦氏: 「
Weblog: 知財ブログ
Tracked: 2005-12-20 10:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。