2008年12月28日

過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか?

過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか?
著者名:池田信夫/著
出版社名:アスキー
発行年月:2007年12月
価格(税込):760円
ここ半世紀に起こったイノベーションの数々。それらはすべて「半導体の集積度は18
カ月で2倍になる」という「ムーアの法則」に支配されたものだった。多くの企業が
これを利用して急成長し、あるいはこの威力を見誤って消えていった。史上もっとも
"破壊的"な経済法則を手がかりに、コンピュータと情報技術の世界の未来を展望する。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。